教科書プロジェクト

一人1冊の教科書を

一人1冊の教科書を

ACROSSのメンバーがセカンダリースクールの授業見学をしたときに、1冊の教科書を2~3人の生徒が使っていることに気付きました。自分の教科書を持たずに授業を受けている生徒がクラスの半数以上いるとのことです。現地の教員によると、子どもを学校に通わせていても教科書を買うほどの余裕がない家庭や、教育の必要を感じていないため教科書を買い与えない保護者がいるとのことでした。英語の教科書1冊が約100円でACROSSの予算規模で支援可能であることを知り、教科書支援のプログラムを立ち上げました。

 

4年間で6000冊の教科書(2011年~2014年)

カンボジアの状況を説明しながら、同僚や知人に「100円でカンボジアの高校生1人が自分の教科書を持てます」と協力を求め、後にクラウドファンディングを利用して、4年に渡ってプノンペンにあるコンポンチャム州の4つの学校にのべ6000冊の教科書を届けました。

 

奨学金プロジェクトと交流プログラムに発展的解消

さらに効果的な教育支援をするために、教科書プロジェクトを終了し、奨学金プロジェクト交流プロジェクトをはじめました。

 

教科書プロジェクトのサイトはこちら(工事中)